作詞家・詩人覚 和歌子

わが麗しき恋物語

あたしは十九で 
町でも噂の 
ちょっとした不良で
わりかし美人の 
部類だったから 
ちやほやされたわよ
眉をひそめてる 
大人を尻目に 
ずいぶん遊びもしたわ
人生って 何て 
ちょろいもんだって 
冷めたまなざしで
あなたがあたしを 
好きといったとき 
思わず笑ったわ
あんまり真面目で 
こちこちになって 
ふるえてさえいたでしょう
そんな男って 
見たことなかった 
それであたしもふるえた
人生って 何て 
奇妙で素敵って 
少しだけ泣いた
安いアパート 
暗い部屋 
景気の悪い時代だって
へらないジョーク言い合って 
ふたり笑えば しあわせで
五年がたったら 
あたしはやめてた 
煙草をまたはじめ
あなたの浮気が 
七回目 数え 
あたしも三回目
視線をそらして 
会話も減ったけど 
どこでもそんなものでしょ
人生って そうよ 
退屈だったって 
思い出しながら
さもない毎日 
半年が過ぎた 
その日は止まない雨
聞いたこともない 
病気の名前が 
あなたのくちびるから
あたしは壊れた 
空缶みたいに 
口を開けていただけ
人生って 何て 
意味が不明なの 
いなくなるの あなた
白い煙が昇った日 
空はどこまで 
よく晴れて
あたしは泣いた 
自分でも疑うくらい 
大声で
愛だったかなんて 
誰もわからない 
教えてほしくない
とっくに忘れた 
昔の日のこと 
時々浮かぶけど
ほほ笑みが少し 
混じっているなら 
それでいいと言うわ
人生って 何て 
愚かなものなの 
あとになってわかる
人生って 何て 
愚かなものなの 
みんなあとで気づく