作詞家・詩人覚 和歌子

銀河

胸に束ねた 名もない花は
燃える炎の赤さ
風吹く野辺に 仰ぎ見るは
琥珀色の夕焼け
ほどなく夜の とばり降りて
谷間にかかる銀河
瞬く星は さも繰り返す
君の口づけの数
愛の言葉を しるした舟よ
君のもとへ届けと
天球の夜 渡るさざめき
身じろぎもせずに聞く
時はふたりの 夢分かちて
跡形もないけれど
とこしえ宿る ふたたびの空
君に尽きぬ思い出
時はふたりの 夢分かちて
あとかたもないけれど
ふたたびの河 ふたたびの空
君に尽きぬ思い出