作詞家・詩人覚 和歌子

こ・こ・から

こと こと たたく
はじめは ことば
ことほぐために
うまれたことば
ころ ころ ころと
ことばを やどし
ころがる こころ
はじけて ひかる
から から からに
こころを やどし
からっぽ からだ
おんがく みちる