作詞家・詩人覚 和歌子

いじめの構造

夜の窓辺は ナルシスにする
充ちたりさせて 月の手鏡
いやだこんな口元に にきびができてる
いっぺんに世紀末
あしたは あなたをいじめよう
時間忘れて ヘップバーンごっこ
睡眠不足 おまけに遅刻
朝食はプチトマト 3個じゃ足りない
  ランチまでは2時間
今すぐ あなたをいじめたい
15メートル泳げない 色白無口な恋人
コンプレクスのかさぶたを
はがしてあげるわ いらっしゃい
失くしたアイシャドウ パリのお土産
涼しい目元は 今頃どこに
晴れた日曜日 午後の街 ショッピングもやめた
ワーゲンの助手席で
ねちねち あなたをいじめたい
一重まぶたを気にしてる 臆病者の恋人
口説くチャンスをあげてから
知らん顔して アクビした
さびしい時にからかえる あなたなしではいられない